GoogleタグマネージャでのITP対応タグの設定方法


設定概要

GTMの導入の前提で、サイトの全ページにITP対応タグ(着地点)とコンバージョンページにITP対応タグ(成果地点)を実装する。

GTMに設定する前の前提条件を以下、ご確認ください。

  • GTMのタグをページ内に設置している
  • ITP対応タグ(着地点)とITP対応タグ(成果地点)を取得している

設定の手順

  1. YuanhsuのITP対応タグ(着地点)を全ページに設定する。
  2. ITP対応タグ(成果地点)をコンバージョンページに設定する。

1.ITP対応タグ(着地点) の設定

1-1. ITP対応タグ(着地点) タグの設定

それでは、GTMの管理画面にログインしてください。
ログイン後以下の「新しいタグ」をクリックします。

新しいタグの発行

タグ設定画面では、「タグの設定」をクリックします。

タグの設定

タグタイプを選択画面が横からスクロールで表示されるので、「カスタムHTML」をクリックします。

タグタイプを選択画面

表示されたタグの設定画面のHTML入力エリアに「ITP対応タグ(着地点)」を貼り付けます。

タグの設定2

タグイメージ


1-2. ITP対応タグ(着地点) のトリガー設定

貼り付けたらその下にある「トリガー」をクリックします。

トリガーの設定

トリガーの選択一覧の「All Pages」をクリックします。

トリガーの選択

タグの設定画面で先ほどのトリガー(All Pages)が設定されました。

タグの設定3

保存を行うと、タグ名が設定できるので、「ITP対応タグ(着地点)」と設定します。

タグ名の変更

ITP対応タグ(着地点)の設定が完了したら次に「ITP対応タグ(成果地点)」タグを登録します。


2.ITP対応タグ(成果地点)をコンバージョンページの設定

2-1.ITPコンバージョンタグの設定

ダッシュボードから、初めの手順と同じ「新しいタグ」をクリックして、先と同様の手順でHTMLエリアにITP対応タグ(成果地点)を貼り付けます。

タグイメージ:

2-2.ITPコンバージョンタグのトリガー設定

同様に「トリガー」をクリックし、今回はトリガーの選択画面の右上の「+」マークをクリックします。

トリガーの新規追加

さらに「名前のないトリガー」画面に遷移するので、「トリガーの設定」をクリックします。

名前のないトリガー

トリガータイプは「ページビュー」を選択します。

トリガーのタイプを選択

トリガーの設定で「一部のページビュー」にチェックを入れ、「Page URL」に切り替え、名前を「thanks」と設定します。
※「thanks」はサンプルとして指定しています。実際のサンクスページのURLに含まれている文字列を設定してください。

thanksの設定

保存から、トリガー名を「thanks page」と設定します。

タグの設定4

登録が完了すると、ワークスペースに変更した内容が表示されます。

ワークスペース

ここまでの作業では「非公開」状態のため、ページ右上の公開ボタンから公開作業を行う必要があります。

公開作業

以上で設定は完了です。